瑞慶覧かおり  Art work
子ども広場

先日、小平市の子ども家庭支援センターに、2枚の絵を寄贈しました。

 

 

今年度4月から、新しく「はらっぱ」という遊び場ができるので、その記念に入口看板の絵を描いて欲しいとのご依頼でした。

センター内の子ども広場には、娘の2歳の肖像画を「おひさま」という広場の愛称に合わせて描き、新施設には、「はらっぱ」のイメージにぴったりな動物のフレスコ画をおさめました。

 

家庭支援センターは、たくさんの乳幼児親子が遊びに来る、小平のママと子のオアシスです。

星香もこれまで、めいいっぱい遊ばせていただいてきました。

(幼稚園いくまで、これからもお世話になることでしょう。)

 

子育てしていると、地域の中で多くの方に支えてもらい、助けてもらう機会がいっぱいあります。

 

娘は、この地で沢山の方に育てて頂いています。

今、手がかかる年齢のど真ん中、試行錯誤の中での子育て真っ最中…

遠慮なくその手助け、地域の子育て支援をありがたく受けています。

 

いつか何らかの形で、その恩返しができたらと思っていました。

とはいえ、私は絵を描くこと位しかできないので…

 

このような機会をいただけて、本当に本当に嬉しく思います。

 

“おひさま”/漆喰シートにフレスコ・セッコ画/24.1×30.2cm

 


http://kawori.main.jp

JUGEMテーマ:子育て支援

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.kawori.main.jp/trackback/345
<< NEW | TOP | OLD>>