瑞慶覧かおり  Art work
マタニティハッピー
あぁ何だか良いですなあ♪
夕方、スーパーからの帰り道、両手に今晩の食材を抱えて、
ぽっこりお腹でのろのろと、そんな気持ちがほっこり込み上げてきました。


小さなことの積み重ねですが、最近嬉しいことが色々あって、
制作がひと段落したこともあり、穏やかでまったりな日々を過ごしています。
次の絵の構想を考えつつ、
近所のお店に一人ランチ行ったり、ゆっくり本読んだり、
今しかできない“ひとり時間”を意識的に楽しむようになりました。

嬉しいことのひとつは、この前の検診で、まだ断定はできないけれど、どうやら女の子っぽいこと。
そして助産師さんに血糖値等の数値や体重管理などにおいて、「あなた優秀よ」と褒められたことです。
いつも周りに(というか主に両親に笑)妊婦なのに注意が足りないとか、油断するな!とか言われ続けて生きているので、、
ちょいと褒められるだけで嬉しいものです。

もひとつは新しい環境で作家仲間、妊婦仲間が増えたりして、色々共感し合える方との出会いが増えたことです。
昭和会展はオープニングしか行けてませんが、同年代の作家さんが沢山いて、とても刺激になりました。
皆それぞれの制作環境で頑張っているのだなぁと、私も背筋がしゃんとなります。
産んでからも、子どもを言い訳にせずバリバリやっていかなければだ!!

また今月は、区と病院の母親学級が合わせて6回も入っていて。
今日は第1回目でしたが、同じくらいのお腹をした妊婦さん達と色々お話して、
かなりすっきりしてきました。
何せ全てのことが初めてで、分かんないことだらけで。
これが普通なのかどうか、皆こんな感じなの?というのが共感できると安心します。
半年前の母親学級クラスの方との合同で、生後3か月の赤ちゃんと触れ合う機会もありました。
生まれたてほやほやの赤ちゃん達(まだ湯気も出てる!?)
ふにゃふにゃしてて、繊細で、とっても大変そうでしたが、
でもやっぱり、ほんっっと可愛かったです(*^^*)

我が家にも、そのうちこんな天使が来てくれるのかなぁと思うと、
母子学級の後に寄った、いつものスーパーからの帰り道も、何だか幸せなのでした♪
悪阻も終わって、お腹も重くなる前で、これがいわゆる中期のマタニティハッピーという現象なのですね。

いつも忙しなく生きている私に、こんなゆっくりとした穏やかな日々の時間は、
お腹の赤ちゃんからのプレゼントなのだと感謝して。
とつきとおか、1日1日を大切に過ごしてゆこうと思うのでした。


 
http://kawori.main.jp
JUGEMテーマ:妊娠中のできごと
- comments(2) trackbacks(0)
Comment








昭和会展でお会いした二紀の小川です。
先日はありがとうございました。
瑞慶覧さんの優しく美しい色彩の作品、とっても素敵でした。
お腹の赤ちゃん、女の子なんですね(^◇^)一人目はやはり女の子の方が楽みたいなので良かったですね。うちはヤンチャな男の子なんで大変です。でも男の子は面白いです。
お互いママですが、制作がんばりましょうね。産んでからはホントに大変になると思うので、今の時間を満喫して下さいね。
安産をお祈りしています。
from. 小川恵 | 2014/02/14 23:35 |
小川さん、こちらこそ先日はありがとうございました。
きちんと子育てされながら、ばりばり絵を描かれている先輩ママ作家のお話は、とっても貴重でした!作品も拝見して、私も子どもが産まれたら、こんな風に描けるようになりたいなぁと思いました。

まだ確定はしてませんが、女の子かな?って感じです。
また二紀などでお会いできるのを楽しみにしていますね(^^)
from. 瑞慶覧かおり | 2014/02/15 11:01 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.kawori.main.jp/trackback/265
<< NEW | TOP | OLD>>