瑞慶覧かおり  Art work
母の日

私の母が長い間ベランダで大事に育ててきた植木鉢の薔薇。

お庭へ移植して数ヶ月。母の日の今日には、満開になって賑やかになりました。

 

リビング前の洋風庭と、和室前の和風庭を分ける境目になっているこのアーチ。

娘はここからの道を、“森の小道”と名付けて遊んでいます。

私のお下がりのOLYMPUS PENを与えたら、お庭のお花を喜んで撮影するようになりました。

森の小道の最終地点には、金柑の木があり、それを紡いで、お庭の水道で洗っておやつに食べている、ちびっこキャメラマン。

放っておくと、10個位食べている野性的女子は、まだ赤く色づく前のジュンベリーの木の実も狙っているようです。

小鳥が食べつくすか、娘が食べつくすか…

 

今日は、親子3世代で同じ美容院で髪を切り、ランチもして充電して帰りました。

抱っこ紐の中の坊やは、女3人が髪を切る間、大人しく待っていてくれます。

とっても育てやすい、第二子くんです。

娘も前髪だけ切り揃えてもらい、プロに髪を編み込みしてもらって、ご機嫌の御姫様。

午後からは私の弟一家も遊びに来てくれて、庭の金柑で作った、母手製ジャムのシフォンケーキを食べました。

 

ばあばの入れ知恵で、家にあるお花で作った自作花束を、なぜかそれを食洗器に隠し、夕飯前にプレゼントしてくれました娘っ子。笑

夕飯は父が油淋鶏を作ってくれて、食器はパパが洗ってくれました。

家族でわちゃわちゃしながらも、いい母の日でした。

 

大好きなふたりのママになれて、大好きな自分の母とも過ごせて、幸せなママです。

 

JUGEMテーマ:母の日

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
こいのぼり

屋根よりかなり低い鯉のぼり。

2階のベランダに飾っても、パパの書斎からしか見れないので、庭に斜めに下ろして、子どもたちがリビングから見えるように飾りました。

思いのほか気に入ってくれたのは息子くんの方。

ずっと窓の外を眺めては、風に戯れる鯉たちを、ゆりかごから大人しく見つめ、黄昏ております。

その間にママは家事が随分はかどる、かなりの特典付きだったので、今日で片づけてしまうのは勿体ない気持ちです。

 

鯉のぼりや兜、お雛様、色々あるけれど、毎年出し入れするのは、少し大変だなあと、1年目からへこたれている、ずぼらママ。

節句の飾りを平面の絵画にするのも、良いかもしれないと思うのでした。

『鯉のぼり』
漆喰シート.フレスコ画/59.4×42.0

 

JUGEMテーマ:こどもの日 鯉のぼり

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
100日のできごと

またもや更新が滞っていた私ですが、産後もちゃんと生きています。

 

 

長男くんは、生誕100日を迎え、五月人形を飾り、袴を着て、かなり遅めのお宮参りとお食い初めを行いました。

この100日の間に、色んなことがありすぎて、何から書けば良いか分かりませんが…新居に越して、春から新生活を送っております。

出産後は、新生児のお世話、マイホーム決済、荷造り、絵の梱包、引越し、荷ばらし、新しい土地での保育園探し、その他手続きもろもろで、忙しさのあまりに乳腺炎を繰り返し……で、このバタバタの日々は、瑞慶覧家100日戦争として、一生忘れることは無いでしょう。
人生7回目の引越でしたが、新生児か居る中での作業は想像を超える大変さでした。


本日のお宮参りは、安産祈願もそこでお願いした由縁で、以前住んでいた近くの神社へ行きました。

小平へ戻ると、もう懐かしい気持ちになり、前のお家もチラ見してきて、ここで過ごしてきた日々の色んな事が思い出されます。
妊娠中は、この神社で安産を願い、色んな決断をして、手術もして、同時並行で住活も進めてきて…
それらが全て無事に終わって、今の生活があるのだなぁと思いました。


無事に元気な男の子が生まれ、すくすく育ってくれることは当たり前のことではないんだ。
あのころ、必死に安産を願っていたことを思い出し、あぁ本当によかったなぁと、胸がじんわり。

そして新しい家で、家族みんなが健康に幸せに暮らしていけることを、改めてお祈りしてきました。
 


また、住活と妊娠、出産、子育てで、ずっとバタバタしていたので、アトリエ環境も新しくなったので、制作の方も頑張っていきたい所です。

JUGEMテーマ:引越し

- comments(0) trackbacks(0)
第二子が生まれました

12月26日、2981gの元気な男の子を無事に出産しました!

クリスマスケーキを食べて産気づいて、病院に着いて3時間、あっという間のお産でした。


切迫早産で安静期間の長かった妊娠期間中は、思うように絵も描けず、家事もろくに出来ず、家族に迷惑をかけっぱなしで、本当に辛い日々でした…

けれども、待望の男の子が無事に生まれてきてくれて、出産直後は分娩台の上で涙が止まらず、そんな日々も吹き飛んでゆきました。29年間生きてきた中で、最高潮に幸せな瞬間だったなと思います。


一姫二太郎に恵まれ、4人になった瑞慶覧家。下の階に住む実家の両親を合わせると、6人家族になりました。


いつも本当に忙しい中、愚痴一つこぼさず仕事を頑張ってくれているパパ。男の子の出産は、私が唯一できる恩返しだと勝手に思っていたので、本当に本当に嬉しかった!

琉球王朝に繋がっているらしい瑞慶覧家は、男児の名付けにもルールがあり、主人が名前を付けてくれます。楽しみです(^^)


母は毎週検診に付き添い、予定日近くになると、自分が産むかのごとく、張り切ってくれていました。夕飯作り、保育園の送り迎え、絶対安静の私に代わって、家事育児を殆ど助けてくれていました。


料理好きの父は、もっと大きい鍋を買わないと、6人分のスパゲティーが作れない!と、離乳食も始まる前から、そんなことを言っています。産気づいた時に、車を飛ばして病院に運んでくれたのも父でした。私の旦那さんと間違われておりました笑


星香は、私の妊娠当初から、抱っこも公園遊びも我慢してきて、毎日保育園を頑張ってくれていました。

集団生活に慣れるのが早く、毎日やる気で登園して、活き活きと帰ってきてくれるのが救いでした。本当にお姉ちゃんになったなと思います。


生まれてきたこの子は、そんな家族に囲まれて、育ってゆきます。

私達家族を選んで、私のお腹から生まれてきてくれて、ありがとう!そんな気持ちでいっぱいです。

もうただただ、愛おしいです(´ω`)


2017/12/26 病院のベッドから

- comments(0) trackbacks(0)
Ohana

色々とバタバタタ…としていたら、ブログの更新が滞りに滞っておりました…

無事に美術館の展示も終わり、その後何とか入院せず、自宅安静で妊娠後期を乗り越えて、明日ようやく臨月に入る私です。

 

まだ、座って絵が描けていた9月頃に完成したこの作品。

たぶん今年最後の1枚になってしまうなぁ。。

先日、新郎新婦様にご依頼者様から絵をプレゼントされたとのご報告を受けたので、作品紹介させて頂きます。

 

両家のご親族皆様で、お祝いされたハワイでの結婚式。

その思い出を、ずっと残るフレスコ画の夫婦肖像画として、新郎新婦に贈呈したいとのご依頼を受け、描かせて頂きました。

 

ハワイの教会、思い出のヒマワリの花束、新郎新婦、ご親族皆様のお写真を参考に、結婚式のエピソードなども伺って、一枚の絵にしました。

約A3程のサイズに、その日の幸せな想い出をいっぱい詰め込んで表現した、欲張りな構図です。

遠景のご家族皆様のお顔も、細かく細かく描いてあります。

 

私は自分の沖縄での結婚式の際、遠いのでおばあちゃん達を招待することが出来ませんでした。

沖縄より遥かに遠いハワイで、こうやってご家族皆様をご招待して、全員でお二人の幸せな門出をお祝いされることは、なかなか実現できないことだと思います。

ハワイ語で「家族」という意味の、「Ohana」をタイトルにつけました。

 

“ Ohana ” / 漆喰シート・フレスコ画 / 37.9×28.8

JUGEMテーマ:ウエディング

- comments(0) trackbacks(0)
展示のお知らせ

妊娠7カ月に入り、切迫早産で要安静、いよいよ動けなくなってきている私です。。

作品だけ送り出す形にはなりますが、来週から始まる地元の美術館のアートフェスタ、今年も出させて頂きます。

 

今回は、毎年描いている娘の肖像画、0歳、1歳、2歳の小さなフレスコ画を3点を、展示することにしました。

 

以下詳細です。お近くに行かれる際はぜひご高覧下さい。

 


宇フォーラム美術館 ART・FESTA 2017

2017年9月17日(日)〜9月24日(日) ※会期中無休

13:00〜17:30
 


レセプションパーティ (9月24日 16:00〜18:00)

宇フォーラム美術館 /国立

 

 

 

JUGEMテーマ:展覧会

- comments(0) trackbacks(0)
くうちゃん肖像画

今年に入って、3枚目のうさちゃん。

この春夏は、小動物モデル(娘含め)の肖像作品が続きました。

http://kawori.main.jp/work.html

 

今度は、大人になった現在の肖像画を描かせていただいています。

お客様のお庭に咲いているという草花を、周りに沢山取り入れました。

ふわふわに膨らんだ毛並みと、アーモンド型の綺麗な瞳が特徴の、美人さんです。

花弁と、毛並みには雲母が彩色してあり、光の加減によってきらめきます。

フレスコ画の色彩は、ずっと色褪せませんので、日の光が入る明るいお部屋で末永くお楽しみいただけます。

肖像画は写真よりも、ずっと長い間飾られることになると思うので。

大切な家族のポートレートに、私の作品を選んで頂けて、とても嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 

 

珍しい形の額縁に出会ったので✨

今回が初めてになる、八角形の構成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“ くうちゃん肖像画 ” / 漆喰シート・フレスコ画 / 正八角形 30.0×30.0


http://kawori.main.jp

JUGEMテーマ:

- comments(0) trackbacks(0)
クローバーラビット

究極にキューート💛なモデルさん!

ペット肖像画のご注文絵画が完成しました。

可愛らしい赤ちゃんの頃を1枚、絵に残したいというご依頼でした。

お写真を沢山見せていただいて、あまりのキュートさに、私も絵描きたい欲が高まってしまいます!

 

うさちゃんはシロツメグサを餌にするようで、クローバーがその子のお名前の由来とのこと。シロツメグサの冠を被って、クローバー畑に佇んでいる姿を描きました。

日に日に絵が完成していくのを見て、かわいいもの好きの娘は、アトリエに来る度に、ほかの絵は無視して、うさちゃんに釘付け。

「かわうぃーーーー!!」と叫び、触りたそうでしたが、至近距離でぐっと我慢しておりました。(作品は絶対おさわり禁止と教育済)

お客様のお部屋のインテリアに合わせて、綺麗なグリーンの額縁を着せました。

“ クローバーラビット ” / 漆喰シート・フレスコ画 / 24.2×30.3


http://kawori.main.jp

JUGEMテーマ:

 

- comments(0) trackbacks(0)
ひとつ乗り越えて

なんとも妊娠に向いてないこの身体…

先月は、切迫早産を予防するための入院、手術でバタバタとしておりました。

一人目出産時のように、妊娠後期に長期入院、寝たきり状態になる訳にいかないので…

そして娘が居ながらの絶対安静生活は不可能に近いと考え、今回は妊娠初期に予防的手術をすることにしました。

 

私が入院中、娘は緊急一時保育で1カ月間、市の保育園にお世話になることになり、

パパは毎日ママチャリで通勤前に保育園へ送り、帰宅後はお風呂と寝かしつけ、

下の階に住む母は、毎日保育園のお迎えと、家族のご飯、家の掃除や洗濯などをやってくれました。

 

その間、娘は母不在の生活にイヤイヤ期の再来、寂しんぼプンプン赤ちゃん返り、

パパは毎日会社遅刻、母は過労で寝込むという末期状態なり、

いても立ってもいられず、術後、最短コースでの退院を果たし、無事帰還しました。

 

退院後も、主人や母に沢山助けてもらいながら、娘にも頑張ってもらいながら、みんなに支えられて順調に過ごしています。

全て終わった今だから、「ひとつ乗り越えたなぁ…」という感じで振り返れますが、

娘は未だに「入院」という言葉を出すと、鼻がヒクヒク膨らんで、目の周りが赤くなってうるうるし始めて、「ママ入院すると、ほのか寂しくなっちゃうんだけど…」と言って、わぁ〜と泣き出します。

夜寝る時も、両手で私の頬っぺをがっちりホールドしながらでないと、寝れなくなりました💦

 

それを見ると、せっかく手術も成功したのだから、もう絶対に管理入院にならないように気をつけなきゃ!と強く思います。

元気なのに、動いちゃいけない…私が最も苦手な分野ですが、年末の出産までの辛抱です。

暫くは大きな絵の制作、展示等は出来ませんが、注文制作等で小さめの絵をぼちぼち制作しているので、また今度アップしていきたいと思います。

 


http://kawori.main.jp

JUGEMテーマ:妊娠・出産・育児準備

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
3歳

昨日は娘っこの誕生日でした。

3歳になり、ずいぶんお姉さんらしく、頼もしい存在になってきてくれました。

それでも、まだまだ甘えん坊ですが…


今年のクリスマス頃には、兄弟が生まれ、本当のお姉さんになる予定の星香。
今から、メルちゃんでミルクと抱っこの練習をしたり、私のお腹に顔をくっ付けては「早く産まれてね〜、遊ぼうね〜」と、かなりやる気のプレ姉です。
明るくお調子者で、お世話好き。
家族みんなを笑わせてくれます。

 

子育ては、美しいことばかりじゃないし、感情的に叱ってしまい後悔したり、これで良いのかと悩んだり、自分のことは後回しで諦めることは沢山。
それでもこうした区切りの日に、ちゃんと育ってくれている!大丈夫!と実感できるのは幸せなこと。

 

3歳の誕生日はディズニーランドに行く約束をしてたのに、つわりで体調も悪く、結局近所の公園とららぽーと位しか行けませんでした。

ディズニーランドは、ららぽーと内の❝しろたんランド❞に変更になってしまいましたが、大好きなパパと一緒に、大好きなしろたん(アザラシの人形)に囲まれて、充分楽しんでくれたので、良かったです。

 

パパに、しろたん枕のプレゼントを買ってもらって、

ママに「これで、ママと一緒の枕じゃなくても寝れるようになってね」と、ちくりと言われた星香。

昨晩はちゃんと、しろたん枕で、自分の布団で寝ておりました。

こうやって、ひとつずつ、ママの手を離れることが増えていくんだなぁ…

 


http://kawori.main.jp

JUGEMテーマ:誕生日

- comments(0) trackbacks(0)
| 1/32 | >>